〒601-8188
京都府京都市南区上鳥羽南中ノ坪町30

TEL:075-672-4034

京都市南区の内科、消化器内科、循環器内科の檜垣医院

ピロリ菌

CONTENTS MENU

HOME≫  ピロリ菌

ピロリ菌とは

胃の中は強酸性であることから生物は住むことが出来ないと長年考えられていました。しかし1983年にオーストラリアの医師ウォレンとマーシャルによって胃の粘膜に生息する菌の存在が発見されました。それがヘリコバクター・ピロリ菌(通称ピロリ菌)です。
「ヘリコ」にはらせん・旋回という意味があり菌の形状を表しています。「バクター」はバクテリア(細菌)、「ピロリ」は胃の幽門部(ピロルス)でよく発見されることから名づけられました。べん毛というしっぽのようなものを使って胃粘液の中を活発に動き回っています。
ピロリ菌に感染すると慢性胃炎が引き起こされ、胃がんのリスクが高くなることがわかってきました。胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃MALTリンパ腫、紫斑病などを引き起こすこともわかっています。日本では年齢が高いほどピロリ菌に感染している割合が高くなっています。胃の中は強酸性であることから生物は住むことが出来ないと長年考えられていました。しかし1983年にオーストラリアの医師ウォレンとマーシャルによって胃の粘膜に生息する菌の存在が発見されました。それがヘリコバクター・ピロリ菌(通称ピロリ菌)です。
「ヘリコ」にはらせん・旋回という意味があり菌の形状を表しています。「バクター」はバクテリア(細菌)、「ピロリ」は胃の幽門部(ピロルス)でよく発見されることから名づけられました。べん毛というしっぽのようなものを使って胃粘液の中を活発に動き回っています。
ピロリ菌に感染すると慢性胃炎が引き起こされ、胃がんのリスクが高くなることがわかってきました。胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃MALTリンパ腫、紫斑病などを引き起こすこともわかっています。日本では年齢が高いほどピロリ菌に感染している割合が高くなっています。

検査方法

ピロリ菌に感染しているかどうか調べるには現在6つの方法があります。まず、内視鏡を用いた方法では胃の組織を生検し、以下のいずれかの方法で調べます。

■内視鏡を用いた方法

培養法:ピロリ菌を培養します。
迅速ウレアーゼ法:ピロリ菌が持つウレアーゼの働きでアンモニアが生成されることを利用した方法です。
組織顕鏡法:顕微鏡でピロリ菌がいるかどうかを調べます。

■内視鏡を用いない方法

尿素呼気試験法:呼気を採取しピロリ菌が持つウレアーゼの働きによって作られる二酸化炭素の量を調べます。
抗体測定法:尿や血液中のピロリ菌に対する抗体の有無を調べます。
抗原測定法:便中のピロリ菌抗原の有無を調べる方法です。

除菌療法

2種類の抗生物質と胃酸を抑えるおくすりの3種類のおくすりを朝と夕方の1日2回1週間続けてのむことで約80の患者さんはピロリ菌を除菌できます。
除菌が成功したかどうかは除菌治療終了後4週間以上あけて検査をすることでわかります。

除菌療法の副作用

副作用には個人差がありますが、比較的よく現れる副作用として下記のようなものがあります。
副作用の多くは服薬期間中のみにみられますが、中には服薬終了後しばらく続く場合もあります。

■下痢、軟便

下痢や軟便が出現する場合があります。もともと下痢を起こしやすい方には除菌薬と一緒に整腸剤を服用していただいておりますのでご相談ください。

■味覚障害(口が苦くなる)

程度の差はありますが比較的よくみられる副作用です。舌炎、口内炎、口角炎などもみられる場合があります。服薬が終了すればすぐに消える副作用です。